退屈はまっぴらゴメンだ…


by Jack_Johnson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Hello ! 神様!

拝啓、日増しに秋も深まりしこの頃、神様におかれましては時下益々ご清祥の
こととお慶び申し上げます。  

先般、といってももう10年以上経ちましたでしょうか?その節は、大変お世話に
なりました。
また、音楽業界での仕事を得るために、何から何までご配慮頂き心より感謝
申し上げます。

ところで、今年は10年ぶりくらいに気合入れまして、再び音楽制作に果敢に取り組んで
おりますが、相変わらず貴殿は、厳格というか、強情というか、ちょっとやそっとじゃ
微笑んでもくれませんね。(笑) 本当、変わらない人だ…。

今年に入って未だ目立った結果が出ておりませんが、私は何とも思ってません。
貴殿のやり口は、十分知ってますからね。そうやって、何度も貶めて脱落者を
ことごとく排除するんですよね?毎度のパターンなので、私にとっては特に新鮮味
はございません。 やるからには、今回もまた貴殿に勝つまで絶対諦めません
ので、何卒よろしくお願い申し上げます。

貴殿と真剣に戦って、一度でも勝利を経験した人間にとっては、なかなか結果が
出ない事象が続けば続くほど逆にワクワクしてくるんですよね。(笑)
何故って?それは、貴殿が一番良く知っているんじゃないのですか?
貴殿は、いつも簡単には勝たせてくれませんから、ほとんどの人々は敗退して、
挫折して…そして、最もらしい挫折の理由を探すのです。
そこがギリギリ我慢しなければならない最後の戦いという事も知らずに…
本当はあと少しで勝てたのに…。

でも私は、素直に負けを認めて脱落して行く者とは違います。
貴殿と戦った時の鮮明な記憶が残っておりますし、貴方の戦術も隅から隅まで知って
おります。(笑)
貴殿は、確かに手強く勝つ事はたやすくない…それは認めます。
でも、戦術がワンパターンすぎます。勝ちパターン、負けパターンが、私の中では
明白です。(笑)

しかし、今年始めたこの戦いも長いですね。途中、凹んだり、焦燥感に苛まれたり…
何度も苦杯を味わいましたが、そろそろ私の勝利が近づいております。

貴殿の毎度の戦法である、何度も×くれて、貶めて、脱落させようとするやり方に
対して、あの時、そう何年も前のあの時のように、ついに私のほうは、本格的に火が
点いたようです。灯火どころではなく、もはや燃え盛る炎です…。(笑)

しばし、お待ち下さい。この精神状態になった時は、必ず私の勝ちです。
しかし、貴殿という方は、以前もそうでしたが、負けを認めた瞬間、それと同時に
突如、微笑み、それまでが嘘であったかのように、こぼれんばかりの幸せと
温かい配慮を授けてくれますよね。 生きていて、あの瞬間ほど非日常を感じる瞬間は
ありません。今回も終盤は近いと感じています。

貴殿が再び微笑んでくださるその時まで、お互い全力で正々堂々戦いましょう!


秋冷日ごとにつのる季節どうぞお健やかにお過ごし下さいませ。>神様


                                              敬具
c0175776_18513378.jpg

[PR]
by jack_johnson | 2008-10-18 21:32 | Music